業界・会社について

業界の将来性・会社の将来性

総人口の約4割が高齢者になる時代。

業界の将来性・会社の将来性

総人口の約4割が高齢者になる時代。

2010年の日本の総人口は同年の国勢調査によると1億2,806万人。2030年の1億1,662万人を経て、2048年には1億人を割って9,913万人となり、2060年には8,674万人になるものと推計されます。
一方で65才以上の人口は、2010年の2,948万人から、団塊世代が65才を迎える2013年に3,000万人を上回り、2020年には3,612万人へと増加すると予測されています。一時緩やかな増加期となりますが、2033年に3,701万人となった後、第二次ベビーブーム世代が老年人口に入った後の2042年に3,878万人でピークを迎えます。その後は減少傾向になるものの2060年には3,464万人となる時代がやってきます。

必要とされる将来性のある業界。

必要とされる将来性のある業界。

介護給付額を見ても2000年では3兆2,427億円に対して2004年には5兆5,594億円。2010年では7兆2,536億円を超えており、今後ますます拡大傾向にあります。もちろん介護保険だけのサービスではありません。今後ますます細かいニーズが生まれ、あらゆるサービスが拡大していく業界です。

セントスタッフの目指す未来。

セントスタッフの目指す未来。

1999年、業界の人材不足解消を担うべく医療福祉に特化した人材サービス会社として創業。以来19年間継続して黒字経営で成長してきました。その後、増え続ける認知症高齢者を対象としたグループホームの運営に参入。そして2016年、社会問題の一つになっていた発達障害児の療育を目的とした放課後等デイサービスの運営を開始。
セントスタッフが新事業を始める時に大切にしていること。それは社員の夢の実現だけではなく、社会に必要とされ、長く続けていける事業なのかということ。今後も時代のニーズを汲み取りながら社会問題解決型企業を目指していきます。

将来的には、幼老一体型の複合施設の運営を目標としており、子供からお年寄り、障がいをもった方、働くお母さんをサポートできる施設を考えております。

まずは、その夢に向けて現在運営している高齢者施設・保育園・放課後等デイサービスそれぞれの施設運営を丁寧に行っていくことを大切にしています。
『豊富な人材』を強味として、人材派遣で培ってきた人材の獲得・育成のノウハウを活かした施設運営で、利用者様・ご家族・そして地域に愛される人材育成と施設作りを目指します。

  • 業界・会社について
  • 業界の将来性・会社の将来性
  • 研修制度
閉じる